FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ngoma

アフリカと言えば・・
トライバルな太鼓のリズムと、それに合わせて激しく踊る部族の絵を想像する。

Ngomaとは「太鼓」。Ngoma chezaで、「太鼓踊り」の意味になる。
ムトワラで、Ngoma chezaコンテストがあったので、行ってきた。

着飾った人々が太鼓のリズムに合わせ、観客にダンスを披露する。
手足に、揺らすと音が鳴る鈴の様な飾りを付け、太鼓のリズムを音で装飾する。
リズムにはドラッグ的な効果もあるそうで、確かに聞いているだけでテンションが上がってくる。
観衆も大勢で盛り上がっていた。


コンテストは、幾つかのグループが順番に、太鼓に合わせて踊るだけ。
でも見ていて飽きない。使うのは太鼓と衣装のみ。面白い。



彼らの踊りは多くのモノを必要としないのに、ハリウッド映画と同じくらいの
エンターテイメントだった。
彼らの打ち出すリズム、衣装、踊り、言語、肌の色・・
全てが彼らの文化を形成し、完成した文化は鮮やかで、濃い。







一緒に仕事をしていると、彼らにうんざりさせられることは多い。
期限も守らなければ、体裁を繕うだけで中身は伴わず、利己的で先を考えない。
ここの人は相対的に仕事ができないと言ってもいいと思う。

でも今日、活き活きしながら踊って、心底楽しそうにしている姿を見ると、
彼らのフィールドはここなんだろう、と思った。
近代的な国の人間が主導権を握ってしまう「仕事」のフィールドは、
彼らの文化にそぐわないだけの様な気がした。

ここは発展する必要があるのか?と思う。

彼らは先進国の近代的な生活に憧れている。
しかし国が発展すれば、今の文化は色褪せてしまう。
彼らにとって近代的な発展は、それほど価値のあることなのだろうか?


モノはなく、平均寿命も短い。しかし自殺などは少なく、人生を楽しむ事に秀でている。
彼らの文化は本質的に気高く、幸福だと思う。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。