スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

safari5 ruaha国立公園

タンザニア中央に位置する国立公園。
有名なンゴロンゴロ、セレンゲティに比べれば知名度は低いが、
ライオンの出没率や料金から、タンザニアを知り尽くした多くの隊員から
支持を受ける国立公園。

朝早くイリンガの町を出て、日帰りで街に帰ってこれるのもその魅力。
車台$250/最大6人+入園料$20/1人なので、一人$70位で国立公園に
行けてしまう。ルアハは、まさにディズニーランド位のお手軽感。


隊員4人と、タンザニアで結婚され、生活していらっしゃる日本人の方、
その娘(タンザニア×日本ハーフ)さんと一緒に出発。
子供大好きな俺は、子供と一緒にサファリができて楽しかった!



収穫は・・
キリンさん ⇒ 感動がなくなるほど



シマウマさん ⇒ たくさん

 ↑足の付け根をライオンに襲われたかわいそうなシマウマさん


カバさん ⇒ 4匹位


ライオンさん ⇒ 10匹以上



 ↑キリンを食べている所。お母さんと子供の2匹をいっぺんに仕留めたらしい。



セルーで見れなかったオスライオンが見れた。

以前行ったセルー自然保護区との違いは、動物を近くで見れると言う事。
こっちの動物は人間慣れしていて、結構近づいても逃げない。
セルーはシマウマを見るのに双眼鏡が必要だったけど、こっちは肉眼で十分。

ただ、水辺の動物はセルーの方が圧倒的に多い。
カバやワニ、バッファローがたくさん見たいならセルーの方がいいかも。


でも感想は・・超お勧め!!
動物が見たいのならば、ここにくれば一通り見れる。
料金がお手頃だし、ルートなどの融通もきく。
それに、完全に商品化されたツアーではないので、ラフでいい。
隊員なら一度はくるべし。旅行客は隊員に連れて行って貰うべし。


帰り道の車も面白かった。
国立公園を少し出たところで、おもしろドライバーfelixが七面鳥の
ハンティングを開始。
車道にでてきた七面鳥の群れを見るやいなや、アクセル全開。

felixは絶妙のハンドル運びで、キレイにタイヤを運び、七面鳥を轢き殺す。
仕留めた瞬間、鈍い音・車の揺れとともに黒い声で一言。「tayari(完了。)」
帰り道だけで4匹仕留めてました。
国立公園の外とはいえ、見つかると怒られるらしい。

酷い殺され方だけど、今までタンザニアで食べた鳥の中で一番柔らかく、
ジューシーでおいしかったです。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

太一・・・。
写真に写ってるお前の風貌にビックリ(汗)

タンザニアで精神面の成長だけでなく、容姿もパワーアップしているとは・・・。

太一と会うのが楽しみになってきたよ。

またしても現地人かと思いました…

ライオンさん見れたのいいなぁ。

現地の人って・・

そんなことないって!いつもは日本人だよ。

でも最近、サングラス掛けて歩いてたらタンザニア人に、
「おまえは・・フィリピン人?それともアメリカ人?」なんて聞かれ方を
したな・・。

フィリピン人とアメリカ人って・・違うでしょ。
やっぱりね、「おまえは日本人?」とか、「あなたはどこの出身?」
って聞かれた時が一番うれしいよ。だっておれ日本人だもん。

koiちゃん、もう一度見においで(笑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。