スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

safari6 任国外旅行

隊員は、任期中に何日間か(詳しく知らん)任国外を旅行することができる。
「任外」と呼ばれている。行ける国は公用旅券で渡航が許されていて、
かつ治安上の問題等でその国のJICA事務所が隊員を受け入れている国。
タンザニアから行けるのはケニア、ザンビア、マラウイの3カ国のみ。

アフリカに配属される隊員にとってタンザニアは憧れの的。
ザンジバル、キリマンジャロ、動物サファリ、ビクトリア湖。
海、山、湖、川、動物、なんでも揃っている。
アフリカ隊員の殆どは、タンザニアに任外で遊びにくる。
一方タンザニア隊員にとっては、ケニアの動物サファリは魅力的ではないし、
治安が悪くて怖い。マラウイは見所がない。(失礼ですが)
見所たくさんで治安も比較的安定しているタンザニアは、観光大国として
申し分ない。だからアフリカの隊員はタンザニアはいい国だと口を揃える。

実際にその通りで、タンザニアはまだ観光大国として伸びしろが
残っていると思う。

タンザニア隊員が行ける国の中で唯一、ザンビアには世界の三大滝の一つ、
ビクトリアフォールがある。

ビクトリアフォールは雨季(3月~6月)、水量が増えることによって満月を
挟む3日間、滝の麓に月明かりで虹ができる。これをルナレインボーと呼ぶ。
オシャレな名前。夜現れる虹。何とも幻想的である。
恐らく一生見る事ができないであろうその虹を、このsafariで捕まえに
いこうという考え。

4月の満月は28日。それに合わせて26日、ザンビアに旅立つ。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。