スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feedback

今日、過去の山田マサシを振り返ってみた。

去年の今頃、コウモリに怯え、サソリに驚き、バケツの雨水と
炭熾しの生活に一生懸命慣れようとしていた。

「pole」の一言に怒り、タンザニア人の仕事ぶりに憤慨する自分、
その中でもタンザニアいいところを探そうとする自分。
タンザニア人が大嫌い!な時期もあった様子。

まだ8ヶ月以上残っているのかぁと思う一方、過ぎた1年間を
振り返ると濃すぎて胸やけがする。
着々と、タンザニアに洗脳されている。日本でまともに働けるのだろうか。


でも最近、これまでで一番ここが好きで、楽しい。
だんだんと、ここの事が分かってきて、友達もどんどん増えてきた。
今は去年と違って「支援」なんて堅苦しいことは言わず、肩の力を
抜いて彼らと付き合うことができる。

この一年結構色々やったよな・・と思いながら今は、
「諦め」なのか「達観」なのか、最近は仕事で彼らが何かをやらかしても
なんかもう怒れてこないし、彼らのやり方をこちらから無理やり変えようと
思わなくなっている事に気付く。

活動に対する姿勢も、少しづつ変わってきた。

ガンガン叩き込む!姿勢から、「なにそれ?どうやってやるの?」って
聞かれた時だけ教える姿勢に変わった。

誰かが敷いたレールの上を電車で進むのは効率的だし楽だけど、
電車に乗ってしまっては石に躓くことはない。躓くことで人は学習する。
自分の足で歩き、気付かなければいけないことは沢山ある。

でも躓いた時、適切なアドバイスをしてあげられる人がいれば、その人は
倒れない。早く進む方法を知っている人が近くにいれば刺激され、成長する。

だから最近思うのは、彼らにとってより役立つのは、基礎・応用を必要とする
「技術」や「知識」よりも、もっと実践的な「知恵」だということ。

スポンサーサイト

comment

Secret

いやぁ~

ホントに日本で働けますか?(笑)
とりあえず、あの格好だったらまず職質にあいそうだね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。