スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッラーの教え

善悪の基準は、時代や場所を超えて不変である。
そう考えたのは哲学者の祖、ソクラテス。

一方で「確信犯」なんて言葉もある。
善悪は宗教や文化的背景にも左右される。

しかし見られる限りどの文化、宗教、集落においても
怨恨による殺人や窃盗は禁じられているし、
昔は交信がなかったはずの全ての大陸で、示し合わせたように
同じ「結婚」という文化が生まれ、定着している。
「葬儀」だって、「信仰」だってそうだ。

つまり、異なる文化・宗教の下においても全ての人に共通な「知・情・意」が
流れているんだと俺は思う。だからソクラテスの考えには賛成できる。


相変わらず前置きが長くなりました。
イスラム教に入信したわけではありません。
山田マサシでございます。今回はイスラム教をクローズアップ。


今から少し前、ディカプリオ主演の「World of Lies」という映画を見た。
CIAの諜報員がテロリストのドンを捕まえるという分かりやすいアメリカ映画だが、
その舞台はやはり中東。ドンは、ビン・ラディンに模したイスラム原理主義者。
ご存知の通り、こんなストーリーの映画はゴマンとある。
きっと、アメリカはイスラム教が大嫌いなのだろう。
(※この映画は面白いし、ある程度客観的に映していると思う。)


いつも思うが、俺も含めて日本人は宗教に対する知識がなさすぎる。
その日本人が、こんな映画を何本も見続けるとどうなるか。
イスラム教に対して大きな不信感を抱いてしまう。
被害妄想かもしれないが、それはある意味アメリカによる洗脳でもある。


日本人が持つイスラム教のイメージ。
物騒で、何をやっているのかよく分からない不気味なイメージ。

一方で日本人が持つキリスト教のイメージ。
十字架やイエス・キリスト。
神を信じる敬虔な信者が、ステンドガラスが美しい教会でお祈り、
懺悔をする。それは神秘的なイメージ。


良く分からない2つに対し、一方には不気味と感じ、他方は神秘的と感じる。
日本だけでなく、世界にイスラム=悪、キリスト=善の構図が少しづつ
滲みだしてきているように感じるのは俺だけだろうか?


ではイスラム教は不気味で悪い宗教なのか?

そんな訳がない。

イスラム教は世界3大宗教の一つ。信者数だって軽く10億は超えるだろう。
それだけ広く、多くの人に信じられる教えだ。
理に適っていない訳がないことは、容易に想像しなくてはいけない。

ましてイスラム教もキリスト教も、同じセム文化をバックグランドに持つ。
ユダヤ教と合わせて、3つの宗教が1つの場所エルサレムを信仰の中心に据える。
つまり、イスラムだってキリストだって基は同じ。

少ししか読んだ事がないが、コーランの記述は、「不完全だからこそ人間的」な
記述があって、孔子の論語(儒教)を思わせる。
論語だってコーランだって、その教えは人間的で面白い。


例えば中東に多い、全身布(ヒジャーブ)をかぶって目しか見せない女性。
なぜあんな格好をしているのか?
その理由は大体こんな感じ。

1.「人間は不完全な生き物です。煩悩に駆られると我を忘れて
   神の掟に背いてしまう!」
2.「ああ!いかん!女性の胸をみると神の教えに背いてしまう!」
  ⇒女性は胸を布で見えないようにする、隠してもらう?
3.「ああ!だめだ!女性の手足は魅力的すぎる!」
  ⇒手足を布で見えないようにする
4.「あぁぁ!もう!その髪、唇をみると欲情してしまう!」
  ⇒顔を隠す。全身隠したことになり、その結果目だけ残った。


イスラム教は「禁止」の宗教。
神の教えに背かない様に禁止・自制することで、自分を汚さないようにする。
アッラーの存在が、社会に道徳を与える

コーラン第3章第110節に示されているイスラム教の目的は、
「汝らは義しい事を勧め、いけないことを止めさせようとし、
 アッラーを信仰する。」


キリストもアッラーも、神は人道を示し、拠り所を与える。
それぞれの宗教で正しい行いをする為の手段(宗教儀礼や儀式など)が
異なるものの、目指すものは一つ。善。正しさ。

そこに、ソクラテス(哲学)がそっと力を添える。
善悪の基準は、時代や場所を超えて不変である。
キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒、皆同じ方向を向く。


最後に悪いイスラム教、イスラム原理主義について。
西欧列強によるイスラム世界の支配と、イスラム教世界の衰退を背景に、
イスラム宗教改革主義が生まれた。その流れから、以下の様なプロセスで
今の様なテロリズムが生まれていった。

①イスラム教が衰退した。西欧列強の支配のせいだ。
②でもまてよ?状況がどうであれイスラムを正しく信じれば、イスラム教
 世界が衰退するはずはない。アッラーは絶対なのだから。
 イスラム教が正しく解釈されていないのでは?
 ⇒現在のイスラム諸国でさえも「非イスラム的」「反イスラム的」と解釈。
③じゃあイスラムの正しい解釈とは?コーランを読み直そう。
④西欧列強への敵意を持ったままコーランを都合よく解釈。
⑤コーランの宗教解釈と矛盾した「現実」を批判し、破壊する。
⑥被造物はアッラーのもとで一つの秩序をなすのだから、人間に理性などが
 あっても意味がないし、理性などそもそも存在しない。


法典は文字で伝承される以上、読み手の解釈の仕方によっていかようにも
読み取れる。

イスラム教の啓示はシャリーアと呼ばれ、コーランを主軸にスンナ、
イジュマーア、キヤースという原典で形作られる。
コーランを教科書とするならスンナは参考書、イジュマーアやキアースは
教科書と参考書をよく読んだ人が「じゃじゃじゃぁ、こんなことも
言えるのでは?」みたいな事をまとめたレポートの様な感じらしい。

シャリーアを都合よく解釈すると、狂信的なテロリズムが生まれるらしい。

コーランの目的は既にふれた。
時代が変われば状況も変わり、状況が変われば目的を達成する為の手段も変わる。
恨みから盲目になり、手段の選択に躍起になった揚句、宗教の目的を
見失ってしまった哀れな信者たちが、テロリストなのだろう。


しかしまぁ、教典の読み変えで悪事を働くことは何も今、イスラム原理主義に
始まった事ではない。西欧のキリスト教国だって、十字軍やら植民地やら、
教義とかけ離れたことを国家単位で行い、原典の拡大解釈を重ねて他国の
恨みを買い、発展して今日に至る。
歴史を俯瞰すれば、キリスト教の読み変えがイスラム教の読み変え
を生んだといってもいい。

日本にも僧兵なんて仏教の狂信者がいた時代があったっけ。


俺は相変わらず不可神論者。科学を信仰(?)していて、
ルーツは仏教文化。でも家に仏壇はないし、神棚もない。

これと言った教義を持たない俺は、何を道徳の中心に据えているのだろう?
もしかすると、意識せずに悪い行いをしていることがあるのかもしれない。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。