スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレーマー文化

人は過去を美化する習性がある。
嫌な事は忘れ、幸せな事を記憶することで、無意識的に心を健康に保っている。
こんな感じの事を昔、心理学の本で読んだ事がある。

海外生活はストレスが多い。
言語や文化の違いに疲れた時に思い出す故郷は、
必ず美化されていると言っていい。

でも最近、他の隊員と日本について話した時に、「あーそう言えば」と
思い出したのがクレーマー文化。


奥ゆかしい日本は、独自の「恥」の文化を持つ。
自分が恥をかかない様、相手にかかせない様、周囲に気を遣って生きる。
相手に迷惑をかけるのは恥。だから日本人は勤勉で、責任感も強い。
自分に厳しい分、相手にも厳しい。

しかし度を超えて、相手の非を咎めるのを楽しむサディスティックな人種もいる。
そんなクレーマーの多くは、暇で他に何もすることがない人なのだろう。
きっと東京が3分間停電したら、東京電力にはそんな人からのクレームが
殺到するだろう。


一方でタンザニアには「恥」の文化が無いからなのか、
暇な人は多くてもクレーマーになる人はいない。
停電が起きても誰も怒鳴りこみに行かないし、誰かが責任を採ることも
ないので改善しない。クレーマーにはならなくていいけど、少し位は
クレームつけろよ!と、こっちがタンザニア人に文句を言いたくなる。


今日、タンザニアのインターネットモラル向上を促す活動の為に、
日本におけるインターネットのマナーを調べいて驚いた。

メールの題名はこう書いて、本文は○○文字で改行して・・
転送の時のマナーはこうで・・返信の時は・・文字コードは・・
もう、すごいのなんの。えらい細かい。

日本で働いた事がある人なら全部知ってる事だけど、
それをリストアップするともの凄い数になる。

これだけのマナーをタンザニアに定着させるのは無理だろう・・
と思うと同時に、果たしてこれは全て守る必要があるのだろうか?
いきすぎじゃなかろうか?とも思った。

相手を立て、周囲に気を遣う厳かな文化。
タンザニアの国民全員が家族的に接し合い、ユルくて温かい文化に浸かると、
(日本人にとっては無礼と感じることが多い)
日本はルールやらマナーに縛られ過ぎて息苦しく感じるのでした。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。