スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際支援

既に触れたように、俺は「モノ・カネ」の支援活動はしない。
俺の活動はヒトの提供と、ヒトの育成。俺の技術は情報。

活動も終盤に入ってきて、人脈も広がってきた。
4ヶ月程前に、これまでマサシでコンピュータの手伝いをしてきたNGO団体から、
国内に4か所しかない障害児の学校を再建する為に、金銭的な支援をして
欲しいと依頼を受けた。依頼人は、マサシのNGOを総括する団体の長。

俺のポリシーには反するけど、以前に触れた他の隊員の活動に影響されて、
取り合えず話を聞いてみることに。レター文化のタンザニアには重要な、正式な
依頼状を書いてもらい、この案件がスタートした。

今日はレシピエントの調査の為に、マサシから車で30分程離れた
ルクレディ市まで行ってきた。


行ってみたものの・・感想は、残念の一言。

確かに建物は老朽化している。不衛生でもある。
でも今住んでいる人間に、今あるもので快適に住もうと言う意思が感じられない。
不衛生な建物、天日干ししていないベッドマット、狭い部屋、壊れたベッド・・
確かに人が生活する上で不衛生だとは思う。でもその原因は建物の老朽化以上に、
住人の意識だ。単に掃除が行き届いていないのだ。
BEATS OF LIFE で支援したIMUMAとは違う。
ここの子供達はテレビを見ている。厭らしい計算になるが
テレビを買うカネで新しいベッドマットが20個は買える。


ここの映像を撮って、悲しげなナレーションをのせて日本のテレビ番組で流せば、
多分支援金は集まるだろう。事実を誇張して隊員が書類を書けば、支援し
てくれる団体だってあるかもしれない。
でも、大事なのは何だろう?


隊員の目は厳しいのかもしれない。2年間で、生活の底辺を目の当たりにする。
今日見てきたこれは、生活の底辺と言えるのかもしれない。
でも、そんな生活を抜け出すには本人の力が不可欠で、支援なんて
その導入部にしか働かない。支援なんて微力だってことを思い知る。


ODA事業。
国際協力ではメシは食えない。事業単体では稼げないのだから。
支援要請の書類一枚でカネが貰えるなんて、どんなに楽な仕事かとも思う。

・・・しかし、道義に厚く尊い仕事。

スポンサーサイト

comment

Secret

納得

俺もそう思います。
人は確かに金があれば外面的には裕福になるかもしれないけど、それが人の内面にとって有益かどうかは別だと思う。
山田君は現地にいるのだから、そこでしかできないことを一生懸命やればいいのではと思いました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。