スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari8 E-learning

タンザニアの地方省庁におけるIT発展の障害の一つに、
エンジニア不足が挙げられる。

マサシ県庁でも、JOCVを除くITエンジニアがおらず、
今は私のカウンターパートがその経験を積んでいる。

政府は、行政へのIT導入に積極的な姿勢を見せているものの、
IT産業が成熟していないタンザニアで、コンピュータ専門の職員が
職場に一人もいなければ、ITの導入ができる訳がない。

行政は、そんな事がない様に各行政地域に一人のエンジニアを配置する方策
を取っていると聞いた事があるが、現状とは食い違っている。


・・なぜか?

答えは、ITエンジニアが県庁よりもより給与の高い就職先へと流れていくから。
当然、IT産業がなく、電気すら不安定なマサシの様な所には来たがらない。


もう一つの問題は、一般市民へのコンピュータ基礎教育。
ただでさえ、民間レベルにコンピュータが浸透しきっていないタンザニア。
日本の様に義務教育中にコンピュータ教育ができる経済力もインフラもない。

タンザニア人はコンピュータを学習したがる。
「コンピュータが出来れば」。日本人の英語に対する考え方に似た感覚で、
皆、口を揃える。

しかし、彼らがそれを学習できる場所は限られていて、街のコンピュータ
スクールか、大学か、官営の職業訓練校。数からしてあまり多くない。
コンピュータスクールに至っては、数カ月分の給与を叩かないと
MS Officeが学べない。自宅にコンピュータなどないのだから、自習もできない。
学校に行ったって、教師の質が悪い。


今回はダラダラと半分愚痴を書いてしまっていまいました。。
最初書こうと思っていたのは、進行中のプロジェクトについて。

問題が山積みのコンピュータ教育。
全ての問題を解決するのは不可能だけど、学習意欲がある人にその機会がない
というのは残念すぎるので、せめて質のいい教材を作って、そういう人達に
配布できないか?という考えから、
コンピュータに慣れながら学習することができるE-learningソフトを開発し、
提供することにした。

タンザニアのコンピュータ関係職種のJOCVと共同で、進めている。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。