スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASMA合宿 その2

合宿も後半戦。
毎日疲れきって日記を書く元気なんて残ってない位、非常に疲れる。
合宿会場のドミトリーのベットじゃなぜか眠れないし、平均睡眠時間4時間。
でも、メンバーがメンバーなだけに面白く、四六時中げらげら笑い転げながら
開発している。

壊れていくメンバー達。
隊員同士、普段から仲がいいとは言え、やはり本当の自分を隠す(飾る)
「壁」がある。しかし、これだけ極限まで頭を使って、ずっと一緒にいると、
その壁を建てるのがめんどくさくなる。いや、崩れてしまう。

いつもシャキッとした人がヘンな声を上げたり、寡黙なキャラで通った人が
ものすごく喋ったり、突然ヘンなジェスチャーをしだしたり。
皆が新しいキャラクターに変貌する。素の姿を見せあっているお陰で、
メンバーとは、ほぼ家族の様な関係になっている。
このメンバーじゃなかったら、人間関係がギスギスしたりして
大変だったかも知れない。

この過酷な合宿に光を与えているのが、「ごはん」。
皆で相談して食事当番制にしたのだが、メンバー全員料理が上手で、
大量のご飯を腕全開に振ってメンバーに振る舞う。男はよく料理の分量を誤る。
結局最初から最後まで、同じレシピなし、マズイご飯なし。

手打ちうどん、グラタン、チーズフォンデュ、コロッケ、
ミートソーススパゲッティ、キムチ雑炊、チャーハン、リゾットなど。

男性隊員は料理上手が多いようだ。


年の近い人だけで開発したのは初めてだけど、みんな得意分野があって、
責任もって自分の仕事をして、他の無駄話して・・
それでいて、着々と出来あがっている。
こんな環境で仕事するのも面白いな・・と感じる。体にはよくないけど。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。