FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari8 Arusha⇒Ngorongoro

日本からの同僚を迎えてタンザニア案内&観光をする。

今回の中心は北部。今まで行った事のないArusha, Ngorongoro近辺を
中心にSafariする。

同僚を無事に迎え、やっぱり日本人は白いと感じる。
二人とも麦わら帽をかぶっていて、日本の最近のファッションに疎くなっている
ことを痛感。そして不思議なものが流行るなぁと思う。
その晩はタンザニアのローカルフードとビールをご馳走し、早めに寝る。


翌日早朝、飛行機でArushaへ。
北部なので寒さを覚悟していたら、以外に温かくて驚く。
現地の観光会社に迎えられ、今回の旅で出来た友達、ドライバー兼ガイドの
Amani(平和の意)と初対面。

やっぱチャガ族。背が高く、スマートで賢そう。
実際に話してみても、日本人の論理的な考え方に近く、時間に縛られた
旅行客を相手にしている為か、計画性があって、選択肢を多く持っている。

勿論人によるのだが、多くのタンザニア人は「選択肢」が見えていない。
選択肢はその先にあるものを認識して初めて成立する為、先を考えない民族性は、
多くの選択肢を考えることがない。

Amaniと食事していて驚いたのは、昼食のサンドイッチを残したこと。
その理由を聞くと、「マヨネーズ入りのサンドイッチはたべない。
なぜならニキビができてしまうから。」と答えた。
彼の頭の中では、健康の為に「我慢する」という選択肢が見えているのだ。
南東部でこんな人は見た事がない。ダルにだってきっと少ないだろう。
こんな、先を考えて自分を自制することができる人が集まれば、
そのコミュニティは成長するだろう。

でも、「美容の為にマヨネーズは食べません」なんて男はどうかと思うぞ、
Amani。本人にはいってないけど。


この日はほぼ移動。
夕方Ngorongoroに到着。
Ngorongoroは地殻変動によって生じたクレーターが特徴的な動物公園。

高台から、初めてクレーターの中を覗いた時は息を呑んだ。
壮大な景観が、目の前に広がる。
文章にするとなんとも平坦だが、ただただ、驚く。

地球をそのまま縮小した様な環境のこのクレーターの中に、
数多くの動物が生息している。まるでノアの箱舟。


クレーターの周りも、南東部とは全く違う景色、そこに住む民族の顔も違う。

起伏のある広い草原に、高地特有のからっとした涼しい風。
空はどんよりと暗くて、マサイシュカ(布)の鮮やかな色が映える。
画になる。

Amaniのお勧めで付近のマサイ村へ。
部族内での会話はマサイ語が主で、食事は家畜の血と肉、乳のみ。
野菜が宗教的に禁止されているわけではなく、文化的に食べないだけらしい。
牛糞で作られた家が30軒程度並び、それが一つの集落となる。
男女合わせて300人位が生活し、村内に学校も建てられている。
学ぶのはスワヒリ語と英語、算数。

マサイ族は「特別」な民族。
遊牧民族の為パスポートを持たずにケニアとタンザニア間を行き来でき、
部族の規律が厳しい為に窃盗などの犯罪をしない、気高い民族として、
警備員によく雇われる。

家畜を守る為に大型肉食獣と戦うなんて事もあるそうだ。
外の近代的な生活から自分の文化を守り、何百年続く生活を続けていく
誇り高き民族。その右手に携帯を持っていなければもっといいのだが。。


しかし、なぜか同じタンザニア人からはあまり好かれていないらしい。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。