スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari8 帰還

毎度書く事だが、マサシに帰ってくると本当に落ち着く。
水もないし、電気もろくに無いが、住めば都なんだとつくづく思う。

今回、amaniや、北部に住むチャガ族に代表される人達とよく会話した。
その後Masasiに帰って南東部の人と話しして思うのは、冗談抜きで、
そしてかなり失礼だが、「こいつらこんなにアホだったっけ?」

南部の人と北部の人は、全く違う国の人の様に感じる。
喋る言葉と色が違うだけで、ほぼ言っている事が日本人と変わらない。
それに比べて南東部の人はとりあえずひたすら喋り続け、内容が薄く、
うるさく、そしてしつこい。
よく言えば人懐っこく、悪く言えばウザい。
思い出してみると懐かしい。


北部のタンザニア人に「お前マコンデ族だろ」と言うと怒るヤツがいるが、
南部に住むマコンデ族は本当に北部の人と違うらしい。
本当に、Mchinaと言われて怒る日本人の心境なんだろう。

あぁ、とはいえやっぱりマサシは落ち着く。
うるさくて、しつこくて、どうしようもなくアホなやつらに囲まれて、
残りのマサシを満喫しようと思う。

Safari8 E-learning

タンザニアの地方省庁におけるIT発展の障害の一つに、
エンジニア不足が挙げられる。

マサシ県庁でも、JOCVを除くITエンジニアがおらず、
今は私のカウンターパートがその経験を積んでいる。

政府は、行政へのIT導入に積極的な姿勢を見せているものの、
IT産業が成熟していないタンザニアで、コンピュータ専門の職員が
職場に一人もいなければ、ITの導入ができる訳がない。

行政は、そんな事がない様に各行政地域に一人のエンジニアを配置する方策
を取っていると聞いた事があるが、現状とは食い違っている。


・・なぜか?

答えは、ITエンジニアが県庁よりもより給与の高い就職先へと流れていくから。
当然、IT産業がなく、電気すら不安定なマサシの様な所には来たがらない。


もう一つの問題は、一般市民へのコンピュータ基礎教育。
ただでさえ、民間レベルにコンピュータが浸透しきっていないタンザニア。
日本の様に義務教育中にコンピュータ教育ができる経済力もインフラもない。

タンザニア人はコンピュータを学習したがる。
「コンピュータが出来れば」。日本人の英語に対する考え方に似た感覚で、
皆、口を揃える。

しかし、彼らがそれを学習できる場所は限られていて、街のコンピュータ
スクールか、大学か、官営の職業訓練校。数からしてあまり多くない。
コンピュータスクールに至っては、数カ月分の給与を叩かないと
MS Officeが学べない。自宅にコンピュータなどないのだから、自習もできない。
学校に行ったって、教師の質が悪い。


今回はダラダラと半分愚痴を書いてしまっていまいました。。
最初書こうと思っていたのは、進行中のプロジェクトについて。

問題が山積みのコンピュータ教育。
全ての問題を解決するのは不可能だけど、学習意欲がある人にその機会がない
というのは残念すぎるので、せめて質のいい教材を作って、そういう人達に
配布できないか?という考えから、
コンピュータに慣れながら学習することができるE-learningソフトを開発し、
提供することにした。

タンザニアのコンピュータ関係職種のJOCVと共同で、進めている。

JASMA合宿 その3

JASMA合宿から1日遅れて、JASMAが完成した。
出来栄えは満足いくものが作れた。これからも少しずつユーザの
希望に応じて修正していくことになると思うが、コンピュータ隊員の
新しい取組みとして今後も続けていければと思う。

合宿を終えて、メンバーとタイマッサージに行ったり、タイ式マッサージに
行ったり、スペアリブ1kgを食べに行ったりして、打ち上げをした。

こうやって後から文章に書くと味気ないけど、しんどくて楽しくて、
隊員生活の中で最も濃い2週間と言っていいと思う。

JASMA合宿 その2

合宿も後半戦。
毎日疲れきって日記を書く元気なんて残ってない位、非常に疲れる。
合宿会場のドミトリーのベットじゃなぜか眠れないし、平均睡眠時間4時間。
でも、メンバーがメンバーなだけに面白く、四六時中げらげら笑い転げながら
開発している。

壊れていくメンバー達。
隊員同士、普段から仲がいいとは言え、やはり本当の自分を隠す(飾る)
「壁」がある。しかし、これだけ極限まで頭を使って、ずっと一緒にいると、
その壁を建てるのがめんどくさくなる。いや、崩れてしまう。

いつもシャキッとした人がヘンな声を上げたり、寡黙なキャラで通った人が
ものすごく喋ったり、突然ヘンなジェスチャーをしだしたり。
皆が新しいキャラクターに変貌する。素の姿を見せあっているお陰で、
メンバーとは、ほぼ家族の様な関係になっている。
このメンバーじゃなかったら、人間関係がギスギスしたりして
大変だったかも知れない。

この過酷な合宿に光を与えているのが、「ごはん」。
皆で相談して食事当番制にしたのだが、メンバー全員料理が上手で、
大量のご飯を腕全開に振ってメンバーに振る舞う。男はよく料理の分量を誤る。
結局最初から最後まで、同じレシピなし、マズイご飯なし。

手打ちうどん、グラタン、チーズフォンデュ、コロッケ、
ミートソーススパゲッティ、キムチ雑炊、チャーハン、リゾットなど。

男性隊員は料理上手が多いようだ。


年の近い人だけで開発したのは初めてだけど、みんな得意分野があって、
責任もって自分の仕事をして、他の無駄話して・・
それでいて、着々と出来あがっている。
こんな環境で仕事するのも面白いな・・と感じる。体にはよくないけど。

JASMA合宿 その1

JAST Mathematics Analysisの略。

理数科嫌いのタンザニア人の生徒に、効果的に数学を勉強して貰おう!!
というテーマで、コンピュータ隊員が3人と理数科教師隊員が集まって
システム開発をすることにした。

イメージは小学校の学力テスト。
日本の小学生は学力テストの度に其々の科目の得点や偏差値、順位の他、
同じ科目内で得意な分野、苦手な分野がパラメータ化された資料を
貰うことができる。賢いこはそれを見て苦手な分野を中心的に勉強することで、
学力を上げていくわけだが、タンザニアにはそんな気の利いた学力テストがない。

学力テストの結果によって先生も、生徒の学力の傾向を捉え、クラスの
授業計画を立てる訳だが、こっちの先生はそんな手の込んだ分析はしない。

そこで、特定のフォーマットでテストを実施した後、
その結果を入力するだけで生徒の学力分析シート、クラスの学力分析シート等を
出力できちゃうようなシステムを作ってしまおう!!ということでJASMAの開発
をすることになった。要するに、ITで理数科教師をバックアップすると言う事。

実はずっと前からこつこつと設計を始めていたものの、
やはり開発は直接合って話をしないとやりにくいということで、遠方に住む
5人の隊員が1ヶ所に集まり、開発合宿をして2週間で作り切ってしまう計画を
立てた。食事当番制、FLEX勤務制。

コンピュータ隊員は皆システム開発経験があるものの、開発環境が全員違う。
C, VB, C+, 俺に至ってはCOBOL。
今回の開発はExcel VBAなので、全員素人に近い。

インターネットを開きながら、全員パソコンに向かって独り言をいいながら、
2週間の合宿がスタートした。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。